うっかり車検切れ!対処法ガイドブック 車検切れで困った時に見るサイト
HOME » 車検切れで運転した場合に起きること » 知っておくべき罰則や罰金

知っておくべき罰則や罰金

このページでは絶対にしてはならない車検切れ車の運転、その罰則や罰金、反則金などの処罰を紹介します。

もしも車検切れの車を運転したら追わされる罰則・罰金・反則金

車検切れの車はそもそも運転することはできません。万が一、公道を走ってしまうと以下の違反になります。

  • 無車検車運行/違反点数6点、6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金
  • 無保険車運行/違反点数6点、12ヶ月以下の懲役または50万以下の罰金

絶対にしてはならない車検切れ車の運転、その罰則や罰金、反則金などの処罰を紹介この場合の無保険とは自賠責保険のことで、普通は車検と同時に更新するため、車検切れの車だと車検だけでなく自賠責保険も期限切れになっているのが一般的だからです。

もちろん積極的に車検切れの車を運転するヒトはいないでしょうが、うっかり車検が切れたことを忘れていたり、持込査定に行くだけならいいだろうなどと軽い気持ちで違反することのないよう十分心得ておいてください。2つの違反で点数は12点、ズバリ免停90日ですから!

また、無車検・無保険の状態で事故を起こしてしまった場合は、任意保険に加入していても、被害者への補償、つまり莫大な慰謝料が全額負担となる可能性があります。注意しましょう。

車検切れで違反しないための有効期限の確認方法

車検の有効期限は一般的な乗用車なら軽自動車も含めて新車で3年、その後は2年単位になります。

きちんと確認するための方法は、検査標章といわれるステッカーと車検証

ステッカーは車のフロントガラスに貼られています。12ヶ月点検と車検、2つのステッカーが貼られていますが、前者は丸形で後者は四角形。期間満了年月が平成で表記されています。

車検証では【有効期間の満了する日】が車検の有効期限。車検自体はいつでも受けることができるのですが、満了日の1ヶ月前から満了日までの間に受ければ、きっちり2年間有効期限が更新されます。

1ヶ月以上前倒しや、有効期限を過ぎていれば、車検をうけた日からの有効期間となります。